ハニー工房

福岡県の山奥、水や自然の美しい石釜で活動している週末養蜂家のサイトです。ニホンミツバチ、セイヨウミツバチに関する様々な知識の公開、また自家製の純粋ハチミツの販売も行っております。どうぞお気軽に足を運びください。


★2020 6/14 記事更新 蜂児捨てを直す魔法の薬について 
★2020 5/24 記事更新 女王蜂が巣箱に入る瞬間を撮影成功&ミツバチ謎の大量死 
★2020 3/18 コロナウイルスとハチミツ/You Tubeチャンネル1000人突破
★2019 5/12 記事更新。奇妙なことが起こりました
★2019 4/18 これがこれこそが自然巣の至高【完結編】
★2019 4/7 第2話お待たせしました!『これが、これこそが自然巣の至高part2』
★2019 1/21 これが、これこそが自然巣の至高
★2018 10/4 有住小学校ニホンミツバチ講演会~本編の記事を更新しました
★2018 6/3 有住小学校ニホンミツバチ講演会~序章の記事を更新しました
★2018 3/9 山と河が僕の仕事場②
★2017 11/4 ニホンミツバチ大激怒!?巣箱継ぎ足し編
★2017 6/7 ニホンミツバチ大激怒!?採蜜編
★2017 6/3 西洋ミツバチ!?の巻
★2017 4/17 ミツバチシリーズ2017開幕!
★2016 6/19 春の特大SP後編~「山と河が僕の仕事場」
★2016 5/6 完全密着!春の分封捕獲スペシャル
★2015 10/28 これぞ鉄板!究極のスムシ対策
★2015 6/26 祝 アクセス1万回記念○○ーピー3分クッキング
★2015 6/19 野生動物関連記事
★2015 6/9 2015年分封中間報告 糖度81.5度ハチミツ入荷!
★2015 5/1 分封群が不時着!?
★2015 4/7 重箱式巣箱継ぎ足しの様子
★2015 4/7 天神ひな祭公演御礼申し上げます。
★2015 2/17 今年もよろしくお願い致します。分封群入り巣箱販売中です。
★2014 10/5 アレチウリ
★2014 5/7 女王蜂の撮影に成功!
★2014 4/21 5巣分封群捕獲しました!
★2014 4/9 記事更新
★2014 1/17 あけましておめでとうございます。
★2013 10/30 記事更新。がんばれ都会のニホンミツバチ採蜜
★2013 10/7 記事更新。ニホンミツバチに暇ってあるの?
★2013 9/9 記事更新。逃避行ラッシュ今期まとめ
★2013 8/30 純粋100%石釜産ニホンミツバチハチミツおかげさまで好評販売中です。ありがとうございます!
★2013 8/30 記事更新。スムシ
★2013 8/18 記事更新。逃避行ラッシュ2
★2013 8/9 記事更新。トップ画面にスクロールバー追加しました。
★2013 8/ 2ハチミツ販売ページ更新
★2013 7/10 サイト開設。どうぞ末永くよろしくお願い致します。相互リンク歓迎いたします。


蜂児捨て(子捨て病)を直す魔法の薬について

みなさんこんにちは。

梅雨の時期に突入しましたね~

ここのところ突然の猛暑日で大地もカラッカラ。

ニホンミツバチたちも日当たりの良い場所に設置されていた巣箱の群れは

大勢で必死に巣門を冷やしていました。

1592129194779

(急いでアオヤギ式巣箱に交換せねばw)

さて

本日の本題です。

私どもが2019年5月14日にアップロードした動画

【蜂児捨て】を治す~対策と特効薬?※【ニホンミツバチ】ユーザーは絶対見てください。

hqdefault

というタイトルの動画に関してです。

こちらは私の予想以上にたくさんの反響があり正直驚きました。

動画内で出てくる子捨て病に効果のある魔法の薬に関してメールを

頂ければざっくりと正体を教えます(液剤の買い占め防止の為と使用は自己責任の為)

動画内で言っていたのですが、1日に送られくるメールでの質問の数が多すぎて

私も対応しきれなくなりました。

それで動画内でメールでの対応は締め切りましたと説明書きをし、薬の正体もおおまかに

公表したのですが、それでもユーザーさんより未だにメールをいただきます。

これは嬉しい事なのですが、対応できないのも申し訳ないので

動画自体を非公開にさせて頂きました。(お蔵入り)

今後、こちらに関してのメールを頂きましても

こちらから返信いたしません。

何卒ご了承ください。


私が返答し内容をお伝えしたユーザーさん方から様々なお返事をいただいたのですが

おおよそ全体の6割のユーザーさんから

『回復して群れが元気になりました!』

とお返事を頂けました。

このまま内容ごとお蔵入りにするのは私としてもさみしい物があるので

今回はブログにてその薬の正体と使用方法、使用の際の注意事項を書き残しておこうと思います。

その①薬の正体

311JZF6ZTOL._AC_

ズバリ、正体は

食器用消毒液です。

これは口にしても人体に害がないものに限ります。

成分はアルコールが入っているものです。

天然成分が配合されているもので300~500mlほどで2000円くらいでしょうか。

霧吹きのボトルに入っています。

私はインターネットで毎回購入しております。

銘柄などの詳しいことはすいませんが言えません。

他社の製品ですし、あくまで食器用であってニホンミツバチ用ではないからです。

ご理解ください。けれどここまで絞って言ってるので検索すれば近い製品がたくさん

出てくると思います。

その②使用方法

⚠なるべく蜂に直接かけないのが大前提です。

①まずは巣箱の門板と中に子捨てされた死骸、ゴミ等を綺麗に取り除きます。

②巣箱の外面(天板、側板)にシュッシュッとまんべんなく振りかけます。

③巣門を開け中にも振りかけます(主に底版。蜂が少なければ側面にも)。

④上記の作業を1日1回、3日間ほど続けてください。

私はこれで現在も成功率は70パーセントで蜂捨てを治しています。

その③⚠注意事項

蜂捨てが始まり1週間以内であること。

これが一番重要かもしれません。

症状がはじまり気が付くのが遅れた群れはこの薬をいくら試しても

ほとんど助かりません。私もそうでした。

効果が出なかった方の多くは蜂捨てから1週間以上経過していると思います。

1日に巣門のところや周囲に何匹も捨てられている場合は1週間以上経過しています。

蜂捨ての初期症状の時は1日多くても1~3匹程度です。

ここで飼い主が気が付いてあげるのがとても大切だということです。

毎日の点検を怠らないことですね。

何度も追記しますが

症状初期の物は7割回復します。

症状末期の物は助かりません。


以上が薬の正体と使用方法、使用の際の注意事項になります。

今回の件でいかにニホンミツバチユーザーが蜂児捨てでお悩みかがわかりました。

私がこの方法を思いついたのは、

やはり子捨てが何かしら蜂にとっての悪い菌が原因ではないか

と思い、単純に人為的に消毒してみようと思ったからです。

「人に害がない物であれば蜂にもないのではないか・・・?」

という具合にです。

使用は自己責任ですが、本当に蜂児捨てでお悩みで何度も大切な群れを手放されている

方は試されてください。成功を祈ります。


2020年5月 女王蜂が巣箱に入る瞬間!?&謎のミツバチ大量死

みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

一連のコロナ騒動でお仕事、学校、自粛生活と大変だったかと思われます。

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、この先まだまだ油断できない状況が続くでしょう。

基本的なことですが出来るだけ

3密を避け、うがい手洗い

天然ハチミツを食べて免疫力を高める


を続けていきたいと思うところであります!

さて、

5月も終わりですが蜂果はいかがでしたでしょうか?

私は2つほどおもしろい出来事がありました。

その①

今年に入って初めての経験です。

去年から始められたニホンミツバチユーザーの方から

「庭のミツバチが分蜂したんです。捕獲したいのですがどうすればいいですか!?」

とお電話をいただきました。

アオヤギ「おお~よかったですね!どこに群れは停まっていますか???」

ユーザーさん「それが・・・犬小屋なんです」


surprise2


とりあえず、SOSをいただいたので巣箱を見に行くと・・・

ホントに犬小屋に、しかも中にきれいに群れが天井にくっついていました。
(写真がないのが本当に残念です・・・)

幸い大型犬用の犬小屋でしたので巣箱に移す作業も一つ一つビスを外して解体し、

天井部分を持ち上げ何とかユーザーさんが用意されていた巣箱に群れを入れました。

そして2日後、事件は起こったのです。

📞プルルルル

「アオヤギさん、大変なことが起こりました。」

「どうされました?」


「蜂が箱の周りで大量に死んでいるんです」

すぐに駆け付け確認してみると

おびただしい数の働き蜂の死骸が!

shigai
(イメージです)

中を確認したところ、巣箱の底で沢山のミツバチの死骸が山を作っていました。

一応お宅の近辺を確認したのですが、農薬を使うような畑や田んぼはありません。

お庭も高い塀に覆われていて道沿いから巣箱が見えることもなく

群れが入ってわずか1日の間に殺虫剤等でいたずらされたというのも考えにくいものがあります。


今回の分蜂で変わったことといえば

犬小屋に分蜂した

ということくらいでしょうか。

犬小屋もプラスチック製でとくに新しい塗料などの薬品が塗られた形跡もなかったのですが・・・

そうしたらユーザーさんの用意された巣箱に何か問題が!?

なんて入念に確認してみましたが特に変わったところはありません。

うーむ。

これはコナン君にでも来てもらわないと迷宮入りするかもしれませんね。

けれどこの大量死には何か外的要因があると私は思います。

①分蜂する際、一度飛び立った群れが農薬等の薬品に何らかの形で接触したか
(しかし、庭の巣箱から分蜂した群れなので群れが離れたところに1度飛び立った可能性は低い

②製作された巣箱の材に防腐剤等の昆虫に害がある成分が含まれていたか。

③わずか1日の間に働き蜂が強力な農薬を浴びそのまま巣箱に帰ったか。


みなさんはなんだと思いますか?

同じような経験をされたニホンミツバチユーザーさんは是非お知らせ頂けると嬉しいです。


その②

まずはこちらをご覧ください。



はい。

5月の終盤は分蜂として元気のいい群れが来るのは時期的に遅く、あまり期待できないのですが

やりました!

しかも偶然にも、いつもハニー工房の取材を頼んでいるストライフサ―ビスの西村君が

別件で私のショップ(旧車ショップ)に滞在していたので撮影することもできました。

とても元気がよい群なのはもちろん喜ばしいのですが、

綺麗な映像で女王蜂が巣箱に入る瞬間を撮影できた

のが何よりうれしく奇跡的です。

撮影していた彼が

「今日は蜂運に恵まれてますね~」

と言っていました。

蜂運。

Bee luck

まさにこれでしょうね(笑)

昨日、はじめてのユーザーさんが私のところに動画を観ていますと来てくださいました。

お話をお伺いしたところ、これから捕獲したいとのことでしたので

簡単にアドバイスをさせて頂きました。

比較的、飛来率の高い洞式巣箱で狙ってみるとおっしゃっていたので

分蜂のチャンスで言えばあとわずかな期間ですが諦めずに頑張っていただきたいです。

少しの時間でしたが楽しい会話をさせて頂きありがとうございました。

Bee luckを祈ります。

CIMG2630


CIMG2626

CIMG2627

それでは今日はこの辺でノシ


いらっしゃいませ

このエントリーをはてなブックマークに追加




all produced by strife service
記事検索
スポンサーリンク