ハニー工房

福岡県の山奥、水や自然の美しい石釜で活動している週末養蜂家のサイトです。ニホンミツバチ、セイヨウミツバチに関する様々な知識の公開、また自家製の純粋ハチミツの販売も行っております。どうぞお気軽に足を運びください。


★2020 6/14 記事更新 蜂児捨てを直す魔法の薬について 
★2020 5/24 記事更新 女王蜂が巣箱に入る瞬間を撮影成功&ミツバチ謎の大量死 
★2020 3/18 コロナウイルスとハチミツ/You Tubeチャンネル1000人突破
★2019 5/12 記事更新。奇妙なことが起こりました
★2019 4/18 これがこれこそが自然巣の至高【完結編】
★2019 4/7 第2話お待たせしました!『これが、これこそが自然巣の至高part2』
★2019 1/21 これが、これこそが自然巣の至高
★2018 10/4 有住小学校ニホンミツバチ講演会~本編の記事を更新しました
★2018 6/3 有住小学校ニホンミツバチ講演会~序章の記事を更新しました
★2018 3/9 山と河が僕の仕事場②
★2017 11/4 ニホンミツバチ大激怒!?巣箱継ぎ足し編
★2017 6/7 ニホンミツバチ大激怒!?採蜜編
★2017 6/3 西洋ミツバチ!?の巻
★2017 4/17 ミツバチシリーズ2017開幕!
★2016 6/19 春の特大SP後編~「山と河が僕の仕事場」
★2016 5/6 完全密着!春の分封捕獲スペシャル
★2015 10/28 これぞ鉄板!究極のスムシ対策
★2015 6/26 祝 アクセス1万回記念○○ーピー3分クッキング
★2015 6/19 野生動物関連記事
★2015 6/9 2015年分封中間報告 糖度81.5度ハチミツ入荷!
★2015 5/1 分封群が不時着!?
★2015 4/7 重箱式巣箱継ぎ足しの様子
★2015 4/7 天神ひな祭公演御礼申し上げます。
★2015 2/17 今年もよろしくお願い致します。分封群入り巣箱販売中です。
★2014 10/5 アレチウリ
★2014 5/7 女王蜂の撮影に成功!
★2014 4/21 5巣分封群捕獲しました!
★2014 4/9 記事更新
★2014 1/17 あけましておめでとうございます。
★2013 10/30 記事更新。がんばれ都会のニホンミツバチ採蜜
★2013 10/7 記事更新。ニホンミツバチに暇ってあるの?
★2013 9/9 記事更新。逃避行ラッシュ今期まとめ
★2013 8/30 純粋100%石釜産ニホンミツバチハチミツおかげさまで好評販売中です。ありがとうございます!
★2013 8/30 記事更新。スムシ
★2013 8/18 記事更新。逃避行ラッシュ2
★2013 8/9 記事更新。トップ画面にスクロールバー追加しました。
★2013 8/ 2ハチミツ販売ページ更新
★2013 7/10 サイト開設。どうぞ末永くよろしくお願い致します。相互リンク歓迎いたします。


石釜産純粋ハチミツ販売


333333


水や自然が豊富な福岡県福岡市早良区石釜で取れたニホンミツバチ純粋100パーセントのハチミツです。

ハニー工房では毎年、そんなミツバチたちの貴重な努力の結晶を一つ一つ丁寧に手作業で、こし器にかけて皆

様のもとへ送り出せる努力を心がかけています。ハチミツは自然の産物です。そのため、自然条件や気候によ

り毎年の採蜜量は左右されますので出荷できる数に限りがある場合があります。

IMG00461


添加物一切なし、天然。

ハニー工房自慢の一品です。

ぜひ一度本物の味を体験してみてください。
                             オーナー 青柳秀明

ハチミツ2


販売再開いたしました~!日ごろのご愛好誠にありがとうございます。

石釜産純粋ニホンミツバチハチミツ 
450~500グラム ¥3,500

(ミツバチたちの群れにより蜜の色、味、糖度が違います。完全自然養蜂ならではで、その都度違った楽しみ方ができるのも自慢です。)

スナップショット_002


ハチミツ3


ご注文方法


①TEL 090-4992-8014 

メールフォーム 

③又はこちらから(クリック)お求めくださいませ。

送料一覧

  

送料




                                   
                                        石釜養蜂家ハニー工房   青柳秀明

ニホンミツバチとは


ミツバチ比較



ニホンミツバチは西洋ミツバチよりもひと回り小さく、体色は少し黒い印象を受ける日本在来種のミツバチです。

性質は温厚で、病気や寒さ、外敵にも強いとされていますが、環境の悪化や大きな変化、激しい外敵の来襲(スズメバチやスムシなど)に対して「逃去」という対抗手段をとることがあり、その点で養蜂、飼育が難しいといわれています。

本来もってる強さの反面、神経質な一面ももっているというころですね。

「逃去」とは文字通り、住み慣れていた巣箱に幼虫や貯蜜(逃げる前はほとんど蜜を吸っていきます^^;)を残して群全体で障害回避のために新たな『安住の地』をもとめて逃げ去ってしまうことです!

img263



また、蜜源・花粉源植物が西洋ミツバチと比べ多種多様で、その蜜は深く、複雑な味わいですが、一群あたりの蜂数が西洋ミツバチより少なく採餌圏も狭いということもあり、量的な生産性が低く趣味的な零細養蜂での飼育が主流となっています。

はちみ~1



近年は、日本在来種とういうことで日本の在来植物との共生進化の観点から、また病気やダニなどにも強いということなどから、その存在がクローズアップされ、日本みつばちの養蜂家も増えつつあります。

私もその一員です(^0^)/

ff



完全に家畜化された西洋ミツバチとは異り、日本みつばちは、その生態研究や養蜂技術も未だ発展途上の興味の尽きない野生ミツバチといえます。

私も日々の様々な発見に驚かされることがおおいです。


いらっしゃいませ

このエントリーをはてなブックマークに追加




all produced by strife service
記事検索
スポンサーリンク