ハニー工房

福岡県の山奥、水や自然の美しい石釜で活動している週末養蜂家のサイトです。ニホンミツバチ、セイヨウミツバチに関する様々な知識の公開、また自家製の純粋ハチミツの販売も行っております。どうぞお気軽に足を運びください。


★2018 10/4 有住小学校ニホンミツバチ講演会~本編の記事を更新しました
★2018 6/3 有住小学校ニホンミツバチ講演会~序章の記事を更新しました
★2018 3/9 山と河が僕の仕事場②
★2017 11/4 ニホンミツバチ大激怒!?巣箱継ぎ足し編
★2017 6/7 ニホンミツバチ大激怒!?採蜜編
★2017 6/3 西洋ミツバチ!?の巻
★2017 4/17 ミツバチシリーズ2017開幕!
★2016 6/19 春の特大SP後編~「山と河が僕の仕事場」
★2016 5/6 完全密着!春の分封捕獲スペシャル
★2015 10/28 これぞ鉄板!究極のスムシ対策
★2015 6/26 祝 アクセス1万回記念○○ーピー3分クッキング
★2015 6/19 野生動物関連記事
★2015 6/9 2015年分封中間報告 糖度81.5度ハチミツ入荷!
★2015 5/1 分封群が不時着!?
★2015 4/7 重箱式巣箱継ぎ足しの様子
★2015 4/7 天神ひな祭公演御礼申し上げます。
★2015 2/17 今年もよろしくお願い致します。分封群入り巣箱販売中です。
★2014 10/5 アレチウリ
★2014 5/7 女王蜂の撮影に成功!
★2014 4/21 5巣分封群捕獲しました!
★2014 4/9 記事更新
★2014 1/17 あけましておめでとうございます。
★2013 10/30 記事更新。がんばれ都会のニホンミツバチ採蜜
★2013 10/7 記事更新。ニホンミツバチに暇ってあるの?
★2013 9/9 記事更新。逃避行ラッシュ今期まとめ
★2013 8/30 純粋100%石釜産ニホンミツバチハチミツおかげさまで好評販売中です。ありがとうございます!
★2013 8/30 記事更新。スムシ
★2013 8/18 記事更新。逃避行ラッシュ2
★2013 8/9 記事更新。トップ画面にスクロールバー追加しました。
★2013 8/ 2ハチミツ販売ページ更新
★2013 7/10 サイト開設。どうぞ末永くよろしくお願い致します。相互リンク歓迎いたします。



西洋ミツバチ!?の巻

みなさん、こんにちは!
 
昨日、今日の福岡の最高気温

30℃

いや~ι(´Д`υ)アツィー

ってことでもうすぐ梅雨入りする九州。

その前に、まいどおなじみコンビで巣箱の点検に行ってまいりました。

IMG03723


しかし!

今回はあまり喜ばしくない異変が!?

タイトルで大方ネタバレしてるかもしれないですが、

生暖かい目でご視聴いただけると幸いです^ ^



いや~驚きましたね。

はい。

乗っ取られちゃいましたw

ニホンミツバチの巣箱がまるまる西洋ミツバチに。

実はこれは西洋ミツバチが家畜用として普及している地域にはよくあることで

群れの勢いが弱いニホンミツバチの分蜂群などはもともと近くで飼われていた西洋ミツバチが

野生化した群れに負けてしまい、結果巣箱を追われるという事態がおきてしまいます。

巣を乗っ取った西洋ミツバチたちは、元々住んでいたニホンミツバチが貯めていたハチミツを食べつくし

そこに自分たちが採ってきたハチミツを蓄え、女王が子供を産み付けます。

この行動自体がニホンミツバチとは大きく違い、自分たちで空っぽにした巣をそのまま利用するという

傲慢さなのです!

ニホンミツバチの場合は一度空になった巣には蜜も子供ももちろん蓄えません。

IMG00456


だから巣箱を継ぎ足していくという作業が必要になるのです。(前回のようなw)

おまけに西洋ミツバチは気性が荒く攻撃的・・・

けれど1シーズンで貯蔵するハチミツの量はニホンミツバチの4倍の量を巣に蓄えることができます。

果樹等の授粉用にも、ものすごい働きをしてくれます。

つまり養蜂でハチミツを採取するのにも、もってこいなのです。

西洋ミツバチのハチミツとニホンミツバチのハチミツを食べ比べると違いがものすごくわかります。

ニホンミツバチのハチミツを食べた後に西洋ミツバチのハチミツを食べると

あら不思議!

カンロ飴

14e8b580f3ac73735b0a81d89ade22d9


ご存知でしょうか?

こんな味に感じるんですw

私も最初は西洋ミツバチの養蜂からはじめていたのですが、ある機会でニホンミツバチの蜜をいただいた時に

その味に感動を覚えました。

それからというものすっかりニホンミツバチの魅力にぞっこんというわけですw

おっと・・・

あんまりニホンミツバチばかりひいき目するのはいけませんねw

彼ら(西洋ミツバチ)のおかげで今日、ここ日本において果物、野菜をスーパーで気軽に買えるということもまた事実です。

一般的な養蜂家さんも西洋ミツバチを主体にされていて沢山のおいしいハチミツを生産されています。


ニホンミツバチ

西洋ミツバチ

どちらも大切に付き合って生きたい・・・

けれど、

私はやっぱりニホンミツバチですね♪

次回は

「2017年命がけの採蜜編」

どうぞご期待ください!

ミツバチシリーズ2017開幕

みなさんご無沙汰しておりました!!!

いかがお過ごしですか?

ついに

つ い に!

00324

春が来ましたねーーーーー!!!

養蜂家にとっての長い長い冬が終わり

ミツバチシリーズ2017が開幕です。


冬の間にあれもしたいこれもしたい・・・と眠れぬ夜を数えて迎えた新たな季節!

今年はどんな新しい発見が待っているのでしょう?

まずは軽いジャブ程度に今年1発目の動画をごらんください。(動画は去年の晩夏)



動画の中では実際の重量は公表していないのですが、

重いものは20キロ、重箱の数が多いものではそれ以上あると思います。

巣箱の構造上、非常に持ち上げにくく体感重量は体勢や位置によりそれ以上感じるというわけですね。

作業の際は3人以上をお勧めしますw

そして、去年からアオヤギ式巣箱をはじめとしてたくさんのお問合せ、ご質問、ご声援ありがとうございます。

自分もこのハニー工房を通して全国の養蜂家さん、また自然を愛する方々とつながれることが

とてもうれしく思います。

「ここまで手探りでやってきてよかった」と実感できる機会が増えていっているのを実感します。

さあ、もう早いところでは分蜂が始まっております。

ミツバチシリーズ2017楽しい企画をたくさん考え実行していきますので

今年も応援よろしくお願いします!

いらっしゃいませ

このエントリーをはてなブックマークに追加




all produced by strife service
記事検索
PR
ハニー工房おすすめ
  • ライブドアブログ