みなさん、こんにちは!
 
昨日、今日の福岡の最高気温

30℃

いや~ι(´Д`υ)アツィー

ってことでもうすぐ梅雨入りする九州。

その前に、まいどおなじみコンビで巣箱の点検に行ってまいりました。

IMG03723


しかし!

今回はあまり喜ばしくない異変が!?

タイトルで大方ネタバレしてるかもしれないですが、

生暖かい目でご視聴いただけると幸いです^ ^



いや~驚きましたね。

はい。

乗っ取られちゃいましたw

ニホンミツバチの巣箱がまるまる西洋ミツバチに。

実はこれは西洋ミツバチが家畜用として普及している地域にはよくあることで

群れの勢いが弱いニホンミツバチの分蜂群などはもともと近くで飼われていた西洋ミツバチが

野生化した群れに負けてしまい、結果巣箱を追われるという事態がおきてしまいます。

巣を乗っ取った西洋ミツバチたちは、元々住んでいたニホンミツバチが貯めていたハチミツを食べつくし

そこに自分たちが採ってきたハチミツを蓄え、女王が子供を産み付けます。

この行動自体がニホンミツバチとは大きく違い、自分たちで空っぽにした巣をそのまま利用するという

傲慢さなのです!

ニホンミツバチの場合は一度空になった巣には蜜も子供ももちろん蓄えません。

IMG00456


だから巣箱を継ぎ足していくという作業が必要になるのです。(前回のようなw)

おまけに西洋ミツバチは気性が荒く攻撃的・・・

けれど1シーズンで貯蔵するハチミツの量はニホンミツバチの4倍の量を巣に蓄えることができます。

果樹等の授粉用にも、ものすごい働きをしてくれます。

つまり養蜂でハチミツを採取するのにも、もってこいなのです。

西洋ミツバチのハチミツとニホンミツバチのハチミツを食べ比べると違いがものすごくわかります。

ニホンミツバチのハチミツを食べた後に西洋ミツバチのハチミツを食べると

あら不思議!

カンロ飴

14e8b580f3ac73735b0a81d89ade22d9


ご存知でしょうか?

こんな味に感じるんですw

私も最初は西洋ミツバチの養蜂からはじめていたのですが、ある機会でニホンミツバチの蜜をいただいた時に

その味に感動を覚えました。

それからというものすっかりニホンミツバチの魅力にぞっこんというわけですw

おっと・・・

あんまりニホンミツバチばかりひいき目するのはいけませんねw

彼ら(西洋ミツバチ)のおかげで今日、ここ日本において果物、野菜をスーパーで気軽に買えるということもまた事実です。

一般的な養蜂家さんも西洋ミツバチを主体にされていて沢山のおいしいハチミツを生産されています。


ニホンミツバチ

西洋ミツバチ

どちらも大切に付き合って生きたい・・・

けれど、

私はやっぱりニホンミツバチですね♪

次回は

「2017年命がけの採蜜編」

どうぞご期待ください!