ハニー工房

福岡県の山奥、水や自然の美しい石釜で活動している週末養蜂家のサイトです。ニホンミツバチ、セイヨウミツバチに関する様々な知識の公開、また自家製の純粋ハチミツの販売も行っております。どうぞお気軽に足を運びください。


逃避

逃避行ラッシュ今期まとめ




(先日も逃避行群が来ました!その時の様子です↑)

猛暑が和らぎ、風の中に秋風がまじり少しはすごしやすくなってきました。

今期の逃避行群を私なりに結論付けますと・・・

原因はやっぱり異常なぐらいの気温の上昇がニホンミツバチたちに逃避を促したのだと思います。

巣箱内の温度が自分達が羽で風を送り下げられる限界を感じたら他の安住の地を求めて群れごと逃げるのです。

しかし、ここで不思議な点がいくつかあります。

以前私が計画的逃避(幼虫の孵化をまって巣のハチミツをすべてもっていく)と、そうでないただの逃避(幼虫、ハチミツをのこしたまま)記事に上げましたが、

今年の夏はそれら二種類の逃避であっちこっちハチさんたちに振り回されたのですが結果的に一度逃げてから、その後しばらくして(さほど期間をあけないで、その日もしくは2、3日)元の巣に戻ってくるというパターンが意外と多かったのです。

『あっ、あそこに逃げてる!捕まえなきゃ!』

と捕獲し新しい住処を(巣箱)を与えても、その次の日は逃げてきた元の巣箱に戻ってるwww


・・・てな感じに(^^;)

スナップショット_002


私の憶測ではありますがニホンミツバチは団体で

涼みに出かける(笑)。

かも知れないということです。

ですから逃げたと思いすぐに巣を崩しハチミツを採る(ハチミツが残ってたら)のは避けたほうがいいかもしれません。

しかし、そのままミツバチの帰りを待ってそのまま放置しすぎて群れが帰らないと、スムシによりハチミツも取れなくなってしまいます(スムシの糞、死骸、抜け殻が混ざる為)。

う~む。

むずかしいところですねぇ・・・・

今回の記事、『まとめ』と題しているので簡単にまとめておきます。

①逃避には計画的逃避と不計画的逃避が存在する。

②ニホンミツバチとたくさん飼育している地域ではおのずと分封群、逃避群が集まって来る。

③気温35℃を超えるとニホンミツバチの異常行動が頻発する。

④群れの規模で涼みに出かける(笑)。

ハニー工房のハチミツは天下一品。

今期のシリーズ化してた逃避行ラッシュは一応完結・・・してくれるといいんですが^^;

本当に今年は彼女らに振り回された夏でしたw

それではノノ

逃避行ラッシュ2

その①

この暑さで彼女らの逃避行ラッシュは止まりません!

私のお盆休みはまさに

逃避群との戦い

でした・・・(;ω;)



こちらは同じ敷地内での巣箱から巣箱への逃避です。

それこそ50メートルほどしか離れていない空の巣箱に移ろうとしています。

ただ問題なのは

群れが完全に2つに割れてしまっていること。

これは計画的逃避みたいでハチミツ、幼虫は空にして逃げているのですが

元の巣箱にも結構な群れがいて、移った先の巣箱には女王がいる。

さて、あなた方はどちらを選ぶのですか?wwwwΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

096

移動先の巣箱で上写真のようにハチマイッター(女王を逃がさないようにする柵)をつけよう

とも思ったのですがこの先何がおきるか予想ができなかったためそのまま自然に任せることにしました。(お願い逃げないで!)

その②

下の動画もこの盆休み期間で逃げた群れですが

なんと逃げたところが5~6メートル上のハゼの木の枝・・・Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

しかも元の巣はその木の真下(どうしてwww)

夕方に逃げている群れを発見し朝になっていれば捕まえようと思って一晩中様子を観察していたのですが

朝までじっとしていました(;´Д`)/

こうなればどうしても捕まえてもとの巣箱に納めなければ・・・

というかどうせならもっと遠くに逃げてちょうだいwww(その方が諦めがつきます!)

ではご覧ください



うぅ・・・

これからまだまだ暑い日は続きます。

何があるのか不安と好奇心が交互にわたしを動かします・・・

寝不足のお盆休み・・・

今日はこれにて・・・zzzz  ネムー ( ´ρ`)。o ○

逃避行ラッシュ

福岡県最高気温36℃・・・

その結果、ここ3日間とても残念なことに

なんと

IMG00385


だいじな分封群を5~6箱失いました。

ズバリ、逃避です!

そして今回立て続けにおきている逃避は普通の逃避とは違います。

私もこんなことははじめてなのですが、普通ミツバチたちは逃避をする際あらかじめ巣に蓄えておい

たハチミツをすべて体内に取り入れ、また幼虫の子供たちがふ化すると同時にいっせいに逃

避を行います。

そうですね、計画的逃避とでもいいましょうか?自分たちのリスクを最小限に減らして女王とともに

次の住処へ逃げる・・・ミツバチたちはとても賢いのです。

が、しかし。

今回の逃避はその常識が通じない逃げかたで、なんと蓄えておいたハチミツもまだふ化しきれない幼

虫も捨てて、そう遠くない近場に逃避するという事が3日間で立て続けにおきています。

(これをまた分封群がやってきた!と喜んでいたのですが良く調べてみると私が所有してた巣箱の中の群れが
逃げたものでしたw)
CIMG2635


それともう一つ深刻な問題が高温による巣の落下です。

巣の元であるミツロウが解けてしまいハチミツや幼虫の詰まった重さに耐え切れず

根元から落ちてしまうという現象です。


もちろんこちらも確実に逃避してしまっております。

この異常気象できっとミツバチたちも想定外のことがおきてパニック状態ではないのでしょうか?

今、改めてニホンミツバチの養蜂の難しさを痛感しております(もちろん楽しいですよ!)

これから先は何がおきるのか私も想像できません。

いや~今日は断言させてもらいましょう。

ニホンミツバチにプロフェッショナルはいない!

※他にもこんな変わった出来事が続いている、みんさんのところのニホンミツバチはどうですか?たくさんの情報をメールやコメント等で教えていただけると嬉しいです。全国の養蜂家の皆様、この困難に立ち向かいともにがんばっていきましょう!!!



↑落ちた巣です(涙)

奇襲!

CIMG2629

このハゼの木に小さくなって固まっているニホンミツバチの群れ

実はこれ・・・分封群ではありません。

では何か?

振り返ること数日前、何気に私が玄関から朝外に出たときでした。

CIMG2636

おおおおおおおおおおお!?

(こ、これは分封群か!?だとしたらすぐに捕獲だ!!!よっしゃ!)

その群れは何処に行くかと思いきや、先日逃げ出してしまったニホンミツバチの重箱へ・・・

CIMG2637

ご覧の有様です・・・(^ω^;)

実はこれ、先ほども述べましたがニホンミツバチの蜜を横取りに来たセイヨウミツバチによって逃避を余儀なく

され追われたニホンミツバチの巣に居着いたセイヨウミツバチが残りの仲間を引き連れて来て、巣箱を

一斉に占拠してしまったのです。

(下の写真は奇襲にあっている様子)

CIMG2632

ニホンミツバチよりも黄色くて一回り大きいのがお分かりでしょうか?

世間一般の人が『ミツバチ』と想像すると黄色と黒のツートンカラーを想像すると思いますが

それは実はニホンのミツバチではなく、セイヨウミツバチなのです。

とすれば、もしかすると私たちが愛してやまない某あの有名キャラも・・・

f0211378_217627

セイヨウミツバチなのかもしれませんね(笑)

話が若干それたようですがw

冒頭の写真のニホンミツバチの群れは奇襲に合い逃避を余儀なくされた女王が

大勢の働き蜂をつれて逃げてしまったあと、この間外に働きに行っていてもどってきたら巣が

セイヨウミツバチに占領されていて途方にくれた者たちが数にしておおよそ200~300匹で巣に帰る

ことができず近くの木々に固まって止まっている様子です。

もちろんこの群れには女王蜂も存在しません。

こういった著しく小さな群れは次第に消滅してしまいます。

同じミツバチ同士できれば争って欲しくないのですが、こういったことも長くミツバチと接していると

珍しいことではありませんし、人間の力ではどうすることもできません。

これも自然の摂理か・・・

次はいったい何が起きるんだろう?なんて事を思いながら生物の厳しさも感じさせられた出来事でした。

石釜養蜂家の探求はまだまだ続きます(^ω^)

いらっしゃいませ

このエントリーをはてなブックマークに追加




all produced by strife service
記事検索
PR
ハニー工房おすすめ
  • ライブドアブログ